学童オリンピック 地区予選結果(27日現在) 5年チーム

地区予選が27日に行われました。残すは11月3日・・・川副同士の決戦も!【川副A】 ・川副0-0JSユナイテッド ・川副8-0エーレンB ・川副7-0エーレンB【川副B】 ・川副2-0エーレンA ・川副2-0JSユナイテッド ・川副4-0エーレンBここまでの暫定順位(チームによって消化数が違います) 1位 川副A 6勝2分け 得失点差による 2位 東与賀 6勝2分け 3位 川副B 6勝1分け1敗 4位 JS  5勝3分け1敗 5位 日新  5勝   3敗 6位 諸富  4勝3分け1敗   以下 略監督、スタッフの総評 川副A….棔璽觧拉枸┐蝋發い引いて守ってくるチームに対して、どのようにせめて点をとるかが課題です。方法としては、1対1で仕掛け、相手を一人剥がし数的優位をつくること。 ∩蠎蠅亮虍?巴羆獷厚いなら、ドリブルやパスで相手を外へ誘い、中をつく。決して縦を急がない。急ぐと、厚い壁に阻まれてしまう。ミドルシュートを打つ。相手にミドル、ロングシュートもあるということを意識させる。 川副B…Aチームとは対照的に、辛抱強く守ってからのカウンターが効果的に機能し、勝ち点を加算しています。Aチームに比べ技術的に劣っているかも知れませんが、他の部分(運動量、気持ち、粘り)で相手を上回り結果も出ています。目標の県大会進出まであと少し頑張れ! 最終戦ではAチームと対戦します。この予選で試合を重ね力もアップしました。接戦を期待しています。ということで、A,Bチーム Wで県大会出場現実化まであと一歩です。その前に…

続きを読む

第14回ビッキー杯(6年生チーム、11人制)

◇期日 11月10日(土)~11日(日)◇場所 杵島郡、武雄市各地◇日程(川副関係) 【1日目】 会場:江北小G ・ 8:30~ 開会式参加 ・10:20~ 川副 ー チューリップFC ・11:40~ 川副 ー 江北  ここまでの結果で、午後より   大坪少年、三日月少年、吉野ヶ里少年のいずれかと対戦 【2日目】   前日の結果で、会場や相手などが決まります。 いよいよ1月の佐賀新聞社杯へ向けてチーム力アップを図る時がきました。学童オリンピック予選も行われているので、6年生のみで参加の予定です。6年生12人、全員がレギュラーのつもりで、全力で試合に臨み、何かをつかんでほしいと思います。

続きを読む

サガン鳥栖ー名古屋グランパス 前座試合にて

 佐賀陸上競技場で行われたJ1公式戦の前に、前座試合として川副、JS、神野、鍋島の少年サッカーチームが試合を行いました。11時会場到着、何とか車は停められたものの、その頃には入場ゲートに200人くらいのサポーターが並んでいました。駐車場には名古屋ナンバーの車もちらほら。 試合の方は、第1試合…ボールを支配できても肝心なゴール前まであと一歩運べず、あと一踏ん張りしてゴールに近づけず、単発なロングシュートの連続。そうしているうちに流れが相手に傾き、FKから失点。第二試合…第1試合と同じ展開、ビデオテープを巻き戻して見ているみたいでした。相手陣内でボールを回せても、技術的なミス、ここで一踏ん張りすればシュートまでいける、そういう場面で弱気なプレーが続く。先制点をとったら積極的にゴールを目指すプレーが出てきて、ゴール前でのドリブル、サイド深くえぐってクロス、そして追加点を挙げられました。「やはり田舎もんでした」あのピッチ、あの環境で、最初からガンガン行けば何でもない試合でしたが、・・。 試合が終わって引き上げようとしていた時、名古屋の選手が入ってきました(スタンドからは見えません。スタンド下の通路です。選手たちの10m前)。私たちのような古い人間は、まず監督ストイコビッチに目がいきました(ちょっとしたアイドルを見るような感覚に襲われました)。続いて、GK楢崎、玉田(元日本代表)、数名の外国人(名前は知らないが)、永井(オリンピック代表)、闘莉王・・・、選手たちは、こっちの方が心に残ったかも知れません。 自…

続きを読む